外国籍でキャッシングする時の5つのポイントとは?

  • 外国籍だとキャッシングって無理なの?
  • 外国籍だと審査するときにデメリットになるの?
  • 国籍が日本以外だと、必要な書類って多くなるの?

 

外国籍の留学生

 

日本に働きに来たり留学で来たりする外国人が増えています。

 

JASSOの調査結果(外部ページ)」によれば、留学生だけでも平成30年5月の時点で298,980人(約30万人)という数の外国の人たちが暮らしています。

 

外国籍の人がキャッシングをするときに注意すべきポイントとは何でしょうか。

 

注意すべき5つのポイントを紹介していきます。

 

外国籍の青年

 

日本はまだクレジットカードが使えない場所が多いため、現金が必要になることがあります。

 

外国籍の人がいざキャッシングをしようとしても、知らないがために審査に不利になる恐れがあります。

 

外国人が現金をすぐに借りるために役立つ情報をまとめましたので参考にしてください。

 

 

プロミス SMBCモビット アイフル
  • 最短30分審査回答
  • 初回の人は30日間利息0円(WEB明細とメアド登録)
  • カードレス・郵送物なしも可能
  • セブン銀行ATMでスマホ取引が可能
  • 10秒で簡易審査結果を表示
  • WEB完結申込が可能
  • TカードプラスでTポイント獲得
  • スマホでセブン銀行ATM取引可能
  • 初回なら最大30日間利息0円
  • 最短30分審査・24時間受付
  • 郵送物一切なしのWEB完結
  • セブン銀行ATMでスマホ取引可能

 

【緊】今すぐ20万円借りたい!必要な時に即日で借りる方法とは?
急ぎ今日中に20万円程借りたい!そんな時でも、早ければ数時間後にセブンイレブンのATMから現金を引き出せます。ただし、正規のキャッシングですので条件があります。条件を診査する為に、制限時間もあります。急ぎ20万円を今日中に借りたい方はチェックしてみて下さい。

 

返済能力がある

 

返済能力がなければキャッシングを利用することは出来ません。

 

パソコンから返済する男性

 

外国籍の人でも正社員であれば問題なく返済能力がある人と見なされます。

 

しかし、アルバイトやパートになると注意しなくてはなりません。

 

短期や日雇いのアルバイトだと審査通過が難しくなることがあります。

 

どんな条件を満たしていれば、アルバイトやパートでも審査に通りやすくなるのでしょうか。

 

例えば、下記の条件を満たしていると審査に通る確率が高いです。

 

  • 勤務年数が1年以上
  • 収入が6万円前後
  • 在籍確認が取れる

 

勤務年数が長ければ長いほど返済能力があると見なされます。

 

反対に短期間で仕事先が変わっていると、仕事が長続きしない人と判断され、融資を受けた後の返済能力が低いと見なされることがあります。

 

収入は高くなくても良いですが、6万円前後は必要となります。

 

消費者金融が重視するのは収入の高さよりも、継続して安定した収入があるかどうかです。

 

在籍確認が取れることも大切です。

 

審査の担当者が仕事場に連絡をしたときに、本人がそこで働いていることが証明される必要があります。

 

これらの条件が満たされていると返済能力があると判断されるでしょう。

 

在籍確認について心配ですか?

 

在籍確認の電話は、基本「個人名」でかけられます。

 

ですので、あなたの会社の人にはキャッシング会社からの問い合わせだとは分からないように配慮されています。

 

また、在籍確認ではあなた自身が電話に出れなくても問題ありません。

 

「〇〇(あなたの名前)は、現在外出しております」

 

この一言で在籍確認が完了しますので、そのあとは細かく情報を聞いたりなどせず怪しまれないように電話を切ってくれます。

 

年齢条件を満たしている

 

年齢条件を満たしていることも大切です。

 

キャッシングの条件を満たす男性

 

20歳から69歳までであれば、キャッシングの審査対象となります。

 

未成年だったり70歳以上の高齢者だったりすると審査がされません。

 

外国籍の人は未成年のうちに日本へ働きに来ていたり、高齢でも働いていたりする人がいます。

 

どうして年齢制限が設けられているのでしょうか。

 

なぜなら法律で未成年の人は、借入が出来ないと決められているからです。

 

たとえ親が同意していたとしてもキャッシングの審査をしてもらうことは出来ないのです。

 

上限年齢が設けられているのは、継続的な収入を得られない確率が高いからです。

 

70歳で今働いているとしても、そのまま働き続けられる確率は低いので返済能力が低いと判断されるのです。

 

年金を受け取っていたり家賃収入があったりしても、高齢だと債権回収が出来ない可能性があるため、どうしても審査に通りにくくなります。

 

もちろん年齢制限に引っかからなければ、年金受給者でもカードローン契約を結べます。

 

 

ただしパートやアルバイトなどの仕事をしていることが条件になります。

 

銀行のキャッシングは年齢制限が65歳までが多いですが、消費者金融は69歳までです。

 

消費者金融の方が年齢制限に幅があるのは嬉しいポイントです。


 

必要書類が揃っている

 

外国籍の人が揃えるべき一般的な必要書類は下記の通りです。

 

  • 本人確認書類
  • 外国人用の証明書

 

本人確認書類は運転免許証やパスポート、そして健康保険証などです。

 

世界地図とパスポート

 

これらのうちのいずれかを用意する必要があります。

 

健康保険証を本人確認書類として提出する際には住民票も添付してください。

 

外国人用の証明書とは何でしょうか。

 

それは次の2点のいずれかです。

 

  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

 

特別永住者証明書は永住ビザのことです。

 

日本国籍を取得していない外国人でも、日本へ永住できるビザのことを特別永住者証明書と呼んでいます。

 

この証明書を取得するには長期日本に住んでいる必要があり、取得の難易度が高いです。

 

もし特別永住者証明書を持っているならキャッシングの審査に通りやすくなります。

 

在留カードは3ヶ月以上日本に滞在する人へ発行される許可証です。

 

このカードには顔写真が貼られていて、現住所や本名などが記されています。

 

在留が認められている機関も記載されています。

 

 

ほとんどの外国人が在留カードを身分証明書として使っています。

 

外国籍の人はこれらの書類を揃えておかなければなりません。

 

上記の書類が揃えられない短期の留学などでは、日本の大手キャッシングを利用するのは難しいでしょう。


 

日本語能力がある

 

キャッシングをするときには日本語能力も求められます。

 

日本語で会話する男女

 

そもそも、日本語能力がないとこの記事を読むことも出来ませんので、あなたは日本語能力があるといえるでしょう。

 

日本語能力がないとキャッシングの説明を読むことが出来ませんし、オペレーターと話すことも出来ません。

 

契約に必要な詳細事項も読むことが出来ないので、ある程度の日本語能力は必要となります。

 

消費者金融のホームページは日本語だけで書かれていて、英語や中国語を選ぶことは出来ません。

 

最低でも日本語能力試験のN2レベルが必要となります。

 

もしかしたら、ある人は日本語能力がなくても、誰かにホームページから申し込んでもらえば良いのではないかと思われるかもしれません。

 

web申込なら日本人の友達に手伝ってもらって申込をすることが出来るからです。

 

しかし、消費者金融の担当者からの連絡は本人の携帯電話へかかってきます。

 

日本語が話せなければ担当者は契約の作業を先に進められないため、審査に通らなくなるかもしれません。

 

金融機関としては規約や同意書を読めない人と契約は結びたくないと思うのも理解できます。

 

 

返済が遅れたりした際の連絡もすべて日本語なので、どうしてもある程度の日本語能力は必要となってきます。

 

日本語能力のテストはありませんが、必要最低限の読み書きや話すスキルは必要です。


 

日本に住所を持っている

 

日本に住所を持っていることも重要なポイントです。

 

自宅でくつろぐ男女

 

短期の滞在でホテルやホステルに住んでいたり、友達の家に住んでいたりする場合は審査に通りづらくなります。

 

自分の名義で借りている家の住所が必要となりますよ。

 

名義で覚えておきたいのが「通名」は使うことが出来ないと言うことです。

 

通名で借りている家の住所だと審査に通らないことがあるので気をつけてください。

 

この通名とは在日韓国人や台湾人の方が持っている日本名のことです。

 

本名は他にあるのですが、日本で住んでいく便宜上使っている日本名のことを通名と言います。

 

2012年に外国人登録法が廃止された結果、通名を正式な手続きで使うことが出来なくなりました。

 

それまでは通名を使って銀行口座を作ったり、各種証明書を作ったり出来たのです。

 

しかし色々な通名で複数の口座を作り、詐欺のために利用される事件が相次いだので法律が改正されました。

 

2012年以降は運転免許証や住民票、それ以外の公的な書類にはすべて本名が書かれるようになっています。

 

 

特別永住者証明書にも本名が印字されるようになっています。

 

通名を記載したい人は、本名の後ろに括弧を付けて記載されます。

 

そのため住所の名義がどうなっているかをよく確認してください。


 

まとめ

 

外国籍キャッシングまとめ

 

外国籍でキャッシングする場合、注意すべきポイントがあります。

 

それは返済能力があるかどうかです。

 

アルバイトやパートでも収入が安定していたり、同じ勤務先に長く勤めていたりすると返済能力がある人と見なされます。

 

年齢条件を満たしていることも大切です。

 

20歳から69歳であるなら審査対象となります。

 

本人確認書類に加えて、特別永住者証明書か在留カードの書類も揃えておくようにしてください。

 

日本語能力もある程度必要です。

 

ホームページを呼んだり、担当者と話したり出来るくらいのスキルを持っておきましょう。

 

日本に本名で契約している住所があることも大切なポイントです。

 

これらの注意ポイントを気をつけていけば、外国籍でも問題なくキャッシングを利用していけます。

 

もしもあなたが、外国籍の人で日本でキャッシングを利用したいとお考えなら、今すぐ以下をクリックしてキャッシングサービスを確認してください。

 

外国籍キャッシング

このページの先頭へ戻る